◆Q&Aで学ぶお金教育◆
-子どもにどう生活力をつけるか-
【新刊】2014年8月 ディスカヴァーよりKindle版が刊行されました。
Q&Aで学ぶお金教育
1000円
◆50代にしておくべき100のリスト◆
2013年9月 ディスカヴァーより刊行されました。
50代にしておくべき100のリスト
1575円
smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
◆ハッピー日めくり◆
一日一日を幸せで満たすために
心の中でとなえるハッピーワード。
日めくり
本体価格1000円
メールでお求めいただけます。
albero@g02.itscom.net
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 宇宙飛行士山崎直子さんの話 | main | ガスもれに素早い対応 >>

視力回復を期待してまず「実用視力」を測りました

たしかNHK番組の「ためしてガッテン」で見たのだと思う。視力検査で問題なくても実際にはよく見えない人がいる。それは瞬きで涙が均一に目を覆わないドライアイのためで、新たに開発された目薬で治療すると視力が劇的に回復するということを慶応の坪田一男眼科教授が説明していたように記憶している。
 
私自身、矯正視力では問題ないのだが、どうも最近見えにくい。しかもドライアイ気味でつらい。坪田先生にお会いしたとき「どこへ行けば治療が受かられるか」聞いて南青山アイクリニックに行ってきた。
 
実用視力」を測る機械での検査は初めてである。
次々に出てくる円のどこが欠けているかを素早くレバーを回して答える。通常の視力検査ではいわば「最高の視力」がでてしまう。が、この連続検査では視力の平均値というか実際に物を見ている視力がはかれるようである。ドライアイの場合は連続測定で実際の視力「実用視力」はかなり低いことがわる由。
 
私自身、矯正視力に比べて「実用視力」はかなり低いことがわかり、ムコスタ点眼薬とヒアルロン酸ナトリウム点眼薬を毎日4回、一ヶ月間注すように言われて帰ってきた。これでものがよく見えるようになるといいのだが。
ライフスタイルアドバイザー
榊原節子
JUGEMテーマ:日記・一般

at 08:40, sakakibara_setsuko, 健康・医療

comments(1), -

スポンサーサイト

at 08:40, スポンサードリンク, -

-, -

comment

テレビでやってましたよね。とても有効な方法の1つなので、個人的にもお勧めの方法です。