◆Q&Aで学ぶお金教育◆
-子どもにどう生活力をつけるか-
【新刊】2014年8月 ディスカヴァーよりKindle版が刊行されました。
Q&Aで学ぶお金教育
1000円
◆50代にしておくべき100のリスト◆
2013年9月 ディスカヴァーより刊行されました。
50代にしておくべき100のリスト
1575円
smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
◆ハッピー日めくり◆
一日一日を幸せで満たすために
心の中でとなえるハッピーワード。
日めくり
本体価格1000円
メールでお求めいただけます。
albero@g02.itscom.net
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< グローバル時代に羽ばたくヒント! | main | 百人一首の英訳者は版画家 >>

ヒゲタ醤油―長寿企業の強み

JUGEMテーマ:日記・一般
 

400年の歴史を有するヒゲタ醤油、濱口敏行社長の話を聞いた。「日本には古来会社を公器とみなす風土があること」「地域社会との密接なつながり」「日本独特の商人道のバックボーン」「そもそも日本にはCSRという概念があったのではないか」「濱口家の8項目からなる家訓の話」などが特に興味深かった。

日本ではファミリー企業というと、とかく否定的な目で見られ、スキャンダルばかりが報道されがちだったが、最近は雑誌・テレビなどでも老舗とか長寿企業として肯定的な記事が見られるようになった。

実際日本であろうと、海外であろうと、長きに亘り商売をしてきた健全な会社には「家訓、或いは何のための事業や商いかといった価値観の共有がされており、それが代々伝えられている。従業員や顧客を大切にし、長期的展望にたった経営がされ、地域との関係が密であり、社会貢献を含む地域との密接な関係があり、後継者教育が早期よりきちんとされる」などの特性があるように思われる。

 

フランスに本部がある「エノキアン協会」という、200年以上続いている優良なファミリー企業のみがメンバーとなれる組織がある。日本からは法師、虎屋、月桂冠などがメンバーである。その組織では戦略や継承に関して51のチェック項目を設けそれを公表している。長寿企業のグローバルスタンダードと言ってもいいかもしれない。

ファイナンシャルアドバイザー

榊原節子

at 09:47, sakakibara_setsuko, 継承

comments(0), trackbacks(1)

スポンサーサイト

at 09:47, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://setsukos.jugem.jp/trackback/612
知識陣 健康, 2012/07/21 5:35 AM

長寿 に関する最新情報