◆Rotary 奉仕研究委員会◆
あなたの貢献でロータリーを変えよう
【サイトリニューアルしました】
◆Q&Aで学ぶお金教育◆
-子どもにどう生活力をつけるか-
2014年8月 ディスカヴァーよりKindle版が刊行されました。
Q&Aで学ぶお金教育
1000円
smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
◆50代にしておくべき100のリスト◆
2013年9月 ディスカヴァーより刊行されました。
50代にしておくべき100のリスト
1575円
◆ハッピー日めくり◆
一日一日を幸せで満たすために
心の中でとなえるハッピーワード。
日めくり
本体価格1000円
メールでお求めいただけます。
albero@g02.itscom.net
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 好きなもの、思い出のものに囲まれた生活 | main | 奉仕活動の原点 >>

ユヌスさんの話を聞くー貧乏な人は盆栽のよう

JUGEMテーマ:日記・一般
 

ロータリークラブの国際大会がバンコクで開催され、講演者の一人がバングラデシュのノーベル平和賞受賞者、ブラミン銀行の開設者、ユヌス氏であった。彼はまず、グラスルーツ(民衆レベル)から見ると「物事は全く異なって見えるものだ」と述べた。



例えば彼が始めた銀行業;銀行は自分のところに来て貰って、契約書のもと担保を確保して融資をする。対象者は貧乏な人ではない。バングラデッシュの民衆レベルに必要とされる銀行をスタートさせたとき、彼は従来とは全く反対のことをやった。

 

銀行が貧しい人に対して彼らのところに行って無担保で融資したのである。今や年間15億ドルの融資を、全く担保なし、契約書もなく、握手のみで実行される。今やニューヨークでも4つの支店を構えるにいたった。ローンの額は平均1500ドル(12万円)である。ところが担保がなくても99.3%の返済率を誇っている。

「人が貧しいのはなぜ?」、とユヌス氏は問う。それはシステムが作りだしているのではないだろうか?だから世界のシステムを変えないと貧乏人は減らない。「貧乏な人は丁度盆栽のように小さな植木鉢に入れられており成長するスペースが与えられていないのだ!」

と、彼は力説した。

ファイナンシャルアドバイザー

榊原節子

 

at 10:59, sakakibara_setsuko, 社会貢献

comments(0), trackbacks(1)

スポンサーサイト

at 10:59, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://setsukos.jugem.jp/trackback/593
自宅で学べる盆栽上達法, 2012/06/12 8:24 AM

忙しい社会人や、育児中の主婦、これから定年を迎える人でも楽しく簡単にしかも自宅で盆栽を覚えることができます。