◆Q&Aで学ぶお金教育◆
-子どもにどう生活力をつけるか-
【新刊】2014年8月 ディスカヴァーよりKindle版が刊行されました。
Q&Aで学ぶお金教育
1000円
◆50代にしておくべき100のリスト◆
2013年9月 ディスカヴァーより刊行されました。
50代にしておくべき100のリスト
1575円
smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
◆ハッピー日めくり◆
一日一日を幸せで満たすために
心の中でとなえるハッピーワード。
日めくり
本体価格1000円
メールでお求めいただけます。
albero@g02.itscom.net
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 家族のこと、親戚のことを語り継ごう | main | 創薬の父 野口輝久さん >>

震災で変わった? 日本の若者、日米関係

JUGEMテーマ:日記・一般

日米のトップクラスを集めた内容的にもとてもいいシンポジウムがこの30日に開催された。テーマは「日米関係の新しい枠組みを目指して」。内容的にはもっと広範で、震災後の社会変化について多くの言及がされた。

まず第一に、若者に対する積極的な評価がされた。この大震災で若者が「自分たちも何かしなければ、役立ちたい」と、身を引き締め、震災地の後処理に大挙して立ち上がり、
100人単位で市の復興プラン樹立のための測量など始めたことなどが紹介された。

 

慶応大学常任理事で弁護士、エッセイストの阿川尚之氏は「大震災に揺さぶられたのか、今春の入学生には社会の役に立ちたい、そのためには勉強したいという緊張感が感じられる。こんなことは自分の時代も含めてなかった」とのべた。

三菱商事の元社長小島順彦氏は52日に現地入りをしたとき、「若者の変化」を感じたとのべ、自社でのボランティア活動の盛り上がりにも触れた。

 

日米関係の新たな展開については、米国上院議員で大統領の継承順位3番目の地位にあるハワイ選出のダニエルイノウエ議員は新たな日米関係にふれ、従来の政府、ビジネスでの関係に「人と人」という新たな要素が加わったのではないかと述べた。阿川氏も震災直後より「トモダチ作戦」を展開した米軍に触れ、単なる命令以上に、自分たちが食べることを差し置いても「ヘルプ」したいという兵士であふれ、ヘリコプターで震災現場に入り、「何か必要なものは?」と聞いてそれをとりに戻るといった光景があちこちで見られた。そしてこのトモダチ作戦を肩を並べて行った若い自衛隊員を米国に派遣して今回の震災の話を、そしていかに米兵が頑張ったかについて話してもらったらどうだろうと提案した。

 

兵力2万人、艦船20隻、航空機160機を投入したのみならず大勢の原子力専門家を派遣した米国に対して三菱商事の小島氏も謝辞を述べ、それを受けてのジョン・ルース駐日米大使の話も感動的だった。震災34日後、7歳の男の子から絵を貰った。飛行機の絵にThank you for your helpという添え書きがしてあった。その絵は自分のオフィスの壁にかけてある。石巻に行ったとき、ショックを受けた自分に女の子(母、祖母を亡くした)がハグして慰めてくれたことなどのエピソードを披露し、この危機にあって日本はより偉大な国になるであろうと述べた。


「現在日本が直面しているデフレ脱却、財政健全化、世界における競争力強化」この課題を克服するような形の復興案が必要だし、日本ならできる、日本ならこの震災を機に新たに生まれかわれるというのが、有力なスピーカーを集めたシンポジムが発したメッセージだった。

松本剛明外相、ルース駐米大使はパーティーに出席しなかったが、ダニエルイノウエ議員始めとするスピーカー、シンポジストに加え国会議員、日米関係に関与している人たちが数多く出席し歓談した。イノウエ議員にも紹介していただいたが、滞在を一週間に延ばし、外相、防衛相などと会談。(普天間がらみで米国でも国務長官、国防長官と会談してきた由。)

このシンポジムの正式名は─日本リーダーシップシンポジウム「日米関係の新しい枠組みを目指して」─主催は米日カウンシル。

ファイナンシャルアドバイザー

榊原節子

at 11:57, sakakibara_setsuko, 社会情勢

comments(2), trackbacks(1)

スポンサーサイト

at 11:57, スポンサードリンク, -

-, -

comment
こめこめ, 2011/06/10 10:47 AM

「あらたにす」の「新聞案内人」というコラム欄(6月10日)で渋澤健氏(コモンズ投信会長)が、「ジョン・ルース駐日米大使のスピーチは感動的だった」と書かれており、どのような内容だったのかと検索してたどりつきました。少しだけスピーチの内容が分かりました。ありがとうございます。

こめこめ, 2011/06/10 10:48 AM

「あらたにす」の「新聞案内人」というコラム欄(6月10日)で渋澤健氏(コモンズ投信会長)が、「ジョン・ルース駐日米大使のスピーチは感動的だった」と書かれており、どのような内容だったのかと検索してたどりつきました。少しだけスピーチの内容が分かりました。ありがとうございます。










trackback
url:http://setsukos.jugem.jp/trackback/494
総合救済センター NPO法人, 2011/06/03 1:33 PM

総合救済センターは、日々絶えることなく起こる悩み・トラブルを解決し、安心して暮らせる社会や環境 を作り出すことを目標に活動を行っています。あらゆる分野の問題に対応するため、専門的な知識を持ったスタッフを揃え、安心して総合救済センターを無料相談としてご