◆Rotary 奉仕研究委員会◆
あなたの貢献でロータリーを変えよう
【サイトリニューアルしました】
◆Q&Aで学ぶお金教育◆
-子どもにどう生活力をつけるか-
2014年8月 ディスカヴァーよりKindle版が刊行されました。
Q&Aで学ぶお金教育
1000円
smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
sponsored links
profile
recommend
◆50代にしておくべき100のリスト◆
2013年9月 ディスカヴァーより刊行されました。
50代にしておくべき100のリスト
1575円
◆ハッピー日めくり◆
一日一日を幸せで満たすために
心の中でとなえるハッピーワード。
日めくり
本体価格1000円
メールでお求めいただけます。
albero@g02.itscom.net
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< インドのクリスマス料理 | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

ナチの手から「669人のチェコの子ども達を救った」ロータリアン

JUGEMテーマ:日記・一般

こんなロータリアンがいたとは知らなかった。ドキュメンタリーのDVDを見た。タイトルは「ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち

日本では命のビザを発行して多くのユダヤ人を救った杉原千畝氏が有名だが、イギリスのシンドラーともよばれているのがこのニコラス・ウィントン氏。彼は証券会社に勤めるサラリーマンだった29歳のとき休暇で大戦直前のチェコを訪れる。そこで彼はナチの迫害を受けているユダヤ人の惨状を目撃、せめて子ども達だけでも救おうと決心する。

 

各国の首相に手紙で訴えてもなしのつぶて。唯一母国英国のみが各種の条件を付けた上での入国を認めた。ウィントン氏は孤軍奮闘、次々と親に連れられてと彼のもとを訪れるチェコのユダヤ人の子どものリストを作り、写真も添えて帰国した英国で里親探しに奔走する。 種々の方策を弄してもビザや書類を整え、なんとか200人、250人と子どもたちを英国に連れてくることに成功する。プラハ駅で我が子を見送る親たちの映像にはグッとくるものがある。(その親たち全員が死亡したことが後明らかにされる)

途中でナチの兵士たちに遭遇するがオランダ経由でロンドンに到着、英国のマスコミにも取りあげられる。ウィントン氏はスクラップブックにその記録を残した。

 

しかし遂に戦争が勃発、次の輸送予定だった250人は全員犠牲になったようだ。彼は669人を救ったものの、大戦後この救済活動のことを語ることはなかった。妻にでさえ。その妻が50年後の1988年、自宅の屋根裏部屋でくだんのスクラップブックを発見。ロンドンの友人達にそのことを話した。その一人がBBCにこの話を持ち込んだ。BBCの努力で669人のうち250人と連絡を取れた。BBCはニコラス・ウィントン氏とこれら救済された子どもたちのサプライズ対面劇の企画をたてた

 

この場面が非常に感動的。スタジオで司会者が「この中でウィントンさんに助けられた人は立ち上がって」という言葉に多くの人が次々と立ち上がり、感涙にむせんだ。この救われた子ども達も50余年の年を重ね、その家族もいれると6000人以上になったという。これを機に関係者が、そしてチェコの子どもたちも含め「ニコラスへの恩返し」と、世界中で人助けの機運が高まり、その活動もドキュメンタリーでは紹介されている。

 

暖かい心を持ち、同時にアイディアマンであり、実行の人であったウィントン氏は次のように語っている。「一見不可能なようでも必ず道はある、もし人がそれに全身全霊でそそぐと決心したら」

ウィントン氏は英国メイデンヘッドRCの元会長を務めたロータリアン、ナイトの称号もおくられている。

 ライフスタイルアドバイザー

榊原節子

 

 

 

at 13:23, sakakibara_setsuko, 社会貢献

comments(0), -

スポンサーサイト

at 13:23, スポンサードリンク, -

-, -

comment