◆Q&Aで学ぶお金教育◆
-子どもにどう生活力をつけるか-
【新刊】2014年8月 ディスカヴァーよりKindle版が刊行されました。
Q&Aで学ぶお金教育
1000円
◆50代にしておくべき100のリスト◆
2013年9月 ディスカヴァーより刊行されました。
50代にしておくべき100のリスト
1575円
smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
◆ハッピー日めくり◆
一日一日を幸せで満たすために
心の中でとなえるハッピーワード。
日めくり
本体価格1000円
メールでお求めいただけます。
albero@g02.itscom.net
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

最年少25歳で上場を果たした―村上太一さんのイーイ話

JUGEMテーマ:日記・一般
 


彼の話はとても自然で素晴らしかった。こんな若者が沢山出れば日本は元気になれるのにと真剣に思った。


 

村上太一氏がインターネット上でアルバイト情報センターの運営会社を設立したのが19歳のとき。初めはアルバイト応募時に課金した。それを応募時はゼロ、採用時に課金するビジネスモデルにしたときブレークした。株式会社リブセンスを上場させたのは去年暮れ、25歳1カ月のときで最年少記録を更新した。今年東証一部上場を果たす。経営理念は「幸せから生まれる幸せ」

 

彼は小学生のころから社長になりたかったそうだ。その原点は趣味の釣りを通して「他の人に喜んでもらえことが自分の喜び」と実感したからだ。社長になればその夢が一番実現できるのではないかと考えた。

彼は小学生のころから真冬でも短パンに半袖、ビーチサンダルで通したから「他の人と違うことをする」ことには何ら抵抗感はない!社長を目指して高校生の時、簿記二級を取り、システムアドミニストレーターの資格を取る。ビジネスのネタは自分で考えついた「アルバイト情報をインターネットで提供しよう」であった。

 

19歳のとき大学の仲間たち4人と起業。通っていた早稲田大学のインキュベーターの為のオフィスを利用させて貰う。ただしサイトのでき具合が悪く、かつ応募時に課金したため当初の見込みほどのビジネスは得られなかった。(写真は起業時のサイト)



それを顧客のニーズに答え、採用時にのみの課金に変更することでビジネスはグーンと伸びた。採用された人には祝い金を支給することで企業側からとりはぐれることもなかった。

 

このビジネスモデルにいたるまで彼は苦労する。ストレスで20代前半なに、突如白髪だらけになってしまう。胃腸も変調をきたす。でも創業時の「他の人に喜んでもらうことをする」ミッションのもと、なんとか踏みとどまりやがて花開くのである。現在は「文化となるWebサービスをつくる」をモットーに頑張っている。

 

村上さんはとてもナチュラルな人、一部上場しても住まいは8畳間という。

リブセンス<生きる意味> 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事』を上梓した。

ライフスタイルアドバイザー

榊原節子

 

 

at 17:21, sakakibara_setsuko, 起業

comments(0), -

岩瀬大輔さんとライフネット生命保険

JUGEMテーマ:日記・一般
 

ライフネット生命を立ち上げた出口治明社長とは谷口神父の会で何度もお会いし、その見識と「歩く図書館」と言われる博学さにはただもうビックリ。キリスト教関係の議論にも神父でなく彼が答えていたくらいである。

その出口さんがライフネットを起業された。ライフネット生命はネット生保の特性を生かし、手数料を低廉に押さえており、たとえば、30歳男性の死亡保険金3000万円の定期保険(期間10年)に支払う年間の保険料で比較すると、ライフネットに比べ、大手生保の付加保険料は約5倍に相当するそうだ。

その出口さんのパートナーがものすごく優秀な人で、ハーバード・ビジネススクールを上位5%以内で卒業した1976年生まれの岩瀬さんと聞いてずっと興味を持っていた。

このたび偶々その岩瀬大輔氏の著書『金融資本主義を超えて、僕のハーバードMBA留学記』を読んで更に彼に興味を覚えた。
ハーバード留学の2年間をブログにつづったものを元にしたものだが、グローバルリーダー・アントレプレナーはいかにして育まれるのか、など私が今最も興味を持っているテーマのヒントがいたるところにみられた。
それはハーバードでの授業のやり方、ビジネスエリートとしての矜持、交友関係、世界の著名人を招待しての公開講座の紹介の中に多くのヒントが貰えた。ちなみにハーバード・ビジネススクールは「世界を変えるリーダーを養成すること」を使命としている由。

ハーバードでのMBAコースについてだけでなく、岩瀬氏のそれまでのキャリアやライフネットとの出会い、行き過ぎた金融資本主義、無意識の世界のことなども書かれており、是非お勧めの一冊である。

ちなみにライフネットは2008年5月に創業、2011年保有契約件数10万件を突破、2012年死亡保険の保有契約高1兆円を突破するなど順調に業績を伸ばし、20123月東証マザーズへの上場を果たした。

ファイナンシャルアドバイザー

榊原節子

at 16:03, sakakibara_setsuko, 起業

comments(0), trackbacks(3)

起業の経緯はさまざま

JUGEMテーマ:日記・一般
 

身近で起業して成功している人をみてもその経緯はさまざまである。信念を持って始めた一つの事業で成功した方もいれば、10位ビジネスを変えた人もいる。通常起業してすぐうまくいくはずはないから「石にかじりついても」という辛抱が大切。自分でワクワクするような好きなことを事業にしていれば石の上にも3年どころか10年でもかじりつき成功にこぎつけられよう。やっと最近になってミャンマーは脚光を浴び始めたが、私の親戚はミャンマーに1996年に旅行社を設立している。

 

ところが何回もビジネスを変えて成功している人に聞くと「撤退の見極めが大切」と言う。もう時代に合わない、仕入価格を決められているから儲けは限られた業界だ、リベートがはびこっている等などが判明した段階で即決断したそうだ。何回かの起業を繰り返しているうちに大成功をおさめるケースである。

 

最近はMBA(経営管理学修士)起業ともいえる人たちが増えてきた。良い事だと思う。最近のテレビ番組で医師でありながらMBAの資格をとり医療コンサルタントを始めた人の紹介があったが、海外も含めたMBAコースで修行すると、起業家のメンタリティーが醸成され、更に起業を志す人脈ネットワークもできるので、少なくても心理的な障壁が低くなる。ビジネスプランを描くのも得意だし、資金の集め方の情報もあり、上場までのシナリオ作りまで描ける

 

女性の中には自分が欲しいサービス、女性ならではの視点を武器に起業する人が結構多い。またアメリカで見たり、雑誌で読んだりして、「このビジネスまだ日本にないね、きっと成功する」と立ちあげる人もいる。何事につけ出会いが重要だということである。

 

起業の年齢も様々。学生時代に起業して、中退する例はビル・ゲーツ、マーク・ザッカーバーグならずとも多い。はたや高齢の起業例もある。ケンタッキー・フライドチキンのカーネル・サンダースは10歳のころからありとあらゆる仕事をして失敗をつみ重ねて、最終的に起業したのは65歳の時である

日本の場合はサラリーマンをしてから、自分がやりたい事ができない、と起業するが多いようだ。

自分の身の回りを新しい目でしっかり見ればビジネスのネタはきっとあるに違いない。2〜3人で、ああでもない、こうでもないとブレーンストーミングするのもいいのではないだろうか。

ファイナンシャルアドバイザー

榊原節子

at 07:54, sakakibara_setsuko, 起業

comments(0), trackbacks(0)

起業家にならなくても提案型社員に

JUGEMテーマ:日記・一般
 

株]小松製作所会長・坂根正弘氏の話は非常に説得力があり、将来の景気動向をまず最初に感知するのはコマツに違いないという気にさえなってしまう。それはコマツの建設機械は世界中で使われておりしかもGPSを搭載し、リアルタイムで稼働率、燃料消費量等が即分かるからである。最新のデータによれば中国の状況は多少改善し始めたとのこと。

 

コマツの製造している建設機械、産業機械の85%は世界シェア―1位か2位というダントツの強みがある。坂根氏は日本企業はモノづくり(コストも含め)では決して負けていないとし、日本の強みはとしてチームプレイ[連携]のよさ、きめの細やかさをあげ、それは農耕民族のDNAから来ているのだろうとした。

 

日本は現場レベルでの提案力が強みとなっている。提案力があるというのはある意味起業家精神(アントレプレナーシップ)があるということだと思う。ああでもない、こうでもないと頭を捻り、オフの時間にも考えてアイディアを出しては試していく。以前放映されていた『プロジェクトX』の世界である。

 

それを単独のビジネスとして起業していくのには、マネジメント力、資金力、リスクをとる力も必要で現在の日本人は腰がひけてしまうのかもしれない。昨今は企業内ベンチャーという制度がある。これは日本で新しいビジネスを立ち上げていくよい方法ではないだろうか?(一例をあげれば[株]ぱどはギネス認定世界一の発行部数を誇るフリーペパーであるが初め荏原製作所の社内で立ち上げられている)

 

話しを坂根氏にもどすと、彼は歴史を大きくとらえると社会の動きが鮮明に見えるとし、例えば省エネ努力は極限までするが、化石燃料は150年か200年しかもたないからCO2の問題はそれほど心配しなくてもすむのではないか。むしろそれ以降のエネルギー源を人間は確保していいないのが問題だ。その算段をしないうちに原子力を放棄するのはリスクではないかと述べた。

ファイナンシャルアドバイザー

榊原節子

 

 

 

 

 

 

at 07:56, sakakibara_setsuko, 起業

comments(0), trackbacks(0)

日本には起業家はうまれにくい?

JUGEMテーマ:日記・一般

自身起業家であり、全米で最も優れた起業家を表彰する「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」の生涯業績部門賞を受賞し「起業家の殿堂」に加わったウィルソン・L・ハーレル氏は、起業家を育てるのは家庭だと述べている。

 

「どうしたら子供たちに起業家精神を吹き込むことができるでしょうか?息子や娘たちに独力で何かをさせることです。言い換えれば、彼らに意思決定させることです。生まれた時から、イニシアチブを取ったり、何かを成し遂げたら、それがどんなに小さいことでも必ずほめてあげてください。日常の雑事をわくわくする冒険に変えてしまうのです。『家庭での起業家精神』のすばらしい所は、全く自然な行為だという点です。人間は生まれてから死ぬまで、創造的でありたいし、何かに貢献したいと望むものです。問題は、この神から与えられた本能を、特に若いうちにどうやって踏みにじらないようにするかです」。

 

私はこの言葉に感銘をうけかつて拙書でも紹介したことがある。しかしこのハーレル氏は日本の文化そのものが起業家精神とは対立軸にあり、従って日本に起業家は生まれず、今後は衰退していくのみとその著書の中で述べている。

 

本当にそうだろうか?日本にはこれだけ多くの企業がある。ということはかつては誰かが起業したのである。日本には沢山の起業家がいたのである。明治時代などは気概のある起業家で溢れていたのではないだろうか?そして今もいるに違いない。起業家魂、アントレプレナーシップとは自らリスクを取って自分の体を張って新しいこと、創造的なことにチャレンジしていくことであり、例えば山中伸弥博士の快挙も起業家魂の成果だと私は断言できると思う。

 

私の父も兄弟たちも発明・発見の道に進んでそれなりの成果を残した。ある人にとっては起業家魂は科学の形をとり、ある人にとっては芸術作品の形をとり、またある人たちにとっては起業していくという形をとる。科学や芸術への応援と同様、起業へも応援をしたいものである。

ファイナンシャルアドバイザー

榊原節子

 

at 08:05, sakakibara_setsuko, 起業

comments(0), trackbacks(0)